KATOのブログ

映像や音楽、その他思いついたこといろいろ

デスク周りに癒しを求めたらヘビになった話

こんにちは。KATOです。

 

ここ最近デスクワークが続いていたのだが、引っ越した当初にオシャレを気取って殺風景にしたデスク周りがなんだか物足りなくなり、さらに言えばちょっと癒しになるものをと、そのときパスタをよく作っていた関係でバジルの苗を買ってきて育てていた私。

 

やはり「グリーンは癒し」。そう言うとまるで分かってる風なオシャレ野郎っぽい。要するにツウな感じがするのだ。その「グリーン」とわざわざカタカナで呼ばれる草っ葉を横目に仕事をする日々。楽しい。なんせツウだから。

 

ネットで調べてみるとバジルは育つのがとても早いらしい。僕が買ってきたバジルも例外ではなく、とても勢いよく育った。そしてとても勢いよく死んでいった。どうやらバジルは冬を越せないらしい。

悔しくなって初心者でも枯れなそうなものをと次にサボテンを買ってみる。また、いつどいつが死んでもいいようにと今回は4匹ストックして更に土が煩わしいのと見た目のオシャレさから水耕栽培で育ててみることにした。完璧だ。

 

予想通りフィフティーフィフティーでお気に入りだった半分が腐り、どうでもよかった半分がすくすくと育っていくという、なんとも複雑な気持ちにさせてくれる「グリーン」。育つのも比較的遅く、大して育て甲斐もない。

 

「やっぱりグリーンはダメだ。フィッシュだ!」

 

ということで、標的をフィッシュに変更する。

皆さんはベタという魚をご存知だろうか。失敬、訂正します。ベタという「フィッシュ」をご存知だろうか。

ミニマムでカラフルでビンでも飼えるという殺風景なデスクの癒しにピッタリの魚。これを水耕栽培したサボテンと一緒の水槽で育てたら、いくらオシャレファックで分かってる風な野郎でも目ん玉の辺りから木っ端微塵に爆発するに違いない。想像は確信へと変わる。

 

近所のショッピングモールにアクアリウム専門店が入っているというので、早速ベタを買いに行く。

が、しかし。ショッピングモールに着いた私の目に最初に飛び込んできたのは、最近出来たばかりだという爬虫類専門ショップだった。

 

心を奪われた。爬虫類は前々から興味はあったものの、生き餌に抵抗があり今まで中々手が出なかった。そして今回の目的である、デスク周りの癒しには程遠い生き物…。だが外も寒いしちょっと見るだけならと店に入ってしまった。

 

中には沢山のエキゾチックアニマル。所狭しとエキゾチック。エキゾチックが止まらない。ヤモリなどは比較的小柄で見た目もそんなにグロくない。中にはスヤスヤ眠っているモノもいて非常に可愛らしく、しばらく店内をうろついていた。

ふと横目にショップのスタッフが作業している様子が気になり目を向けると、大量のゴキブリ(これが所謂生き餌である)を素手で掴んでケースに移し替えていた。子連れの主婦が悲鳴をあげる。無理もない。でもこれが仕事。事に仕えるとはただひたすらにつとめる事である。目の前がゴキブリであろうと。でも正直この様子には驚きを隠せない。移し替えてる合間にパクッとつまみ食いでもしそうな勢いでゴキブリを掴んでいる中年の男性店員。そいつは食べ物じゃあないぜ。

 

物珍しさに長いこと店内をウロついていたのだが、気になったのか先ほどの店員が不意打ちで顔の横にカエルを差し出してきた。「触ってみます?カラフルで可愛いですよ」

ビックリした…。確かに可愛い。だが断る

 

その後も色々話しかけてくるので乗って話を聞いていると、どうやらこのショップの店員というのは相当な爬虫類好きらしい。話が熱い。そして止まらない。そして徐ろにヘビを出してきて自慢する。

 

「キレイでしょう。持ってみます?」

 

…( ´Д`;)「いいんですか!?是非!」

 

持った…ヘビ。でも意外と悪くない。てっきりヌルヌルするのかと思っていたが、カラダはツルツルでクルクルまるまる姿はとても可愛らしい。なんだか飼いたくなってきた。

ショップの店員は頻りにヘビを勧めてくるのだが、一応他の爬虫類も飼うのはどうか聞いてみるがやはりヘビが一番いいらしい。毎日爬虫類を触っていると行き着く先はヘビになるのだろうか。僕もその触った可愛さにヘビが気になりとうとう買ってしまった。

 

早速家に帰り、ヒーターやケージをセットして中にヘビを入れると、元気に動き出す。可愛い。

だが当初の目的のオシャレなデスクで野郎を爆死させる計画は何処へやら、ただの変態マニアックな男の部屋になってしまった。冷凍庫にはエサのネズミが20匹。もうよくわからない。

 

かくしてデスク周りの癒しインテリア計画は、体長30cmのヘビによって解決したのであった。が、これも意外と悪くない。

 

因みに、爬虫類ショップを後にやはり気になってアクアリウムショップを覗いてみたら綺麗なベタが沢山並んでいたのでそれも家族として迎え入れた。一応のインテリア計画は成功した。だが、店員のマニアックさと専門の動物に対する愛情はアクアリウムだろうが爬虫類だろうが変わることはなく、こちらでも随分と熱い話を聞かされることになるのであった。

 

好きなことを仕事にするっていいね。

 

このヘビと魚とサボテンの、成長記録は気が向いたら記事にしてみようと思う。ブログの趣旨も分からなくなってきた。

 

 

 

スポンサーリンク